So-net無料ブログ作成

NS-1のプラグ交換 [車]

またまた間が空いてしまいました。
TwitterやFacebookなんかはお手軽に書き込めるんですが、ブログはちと気合いれなきゃ書けないので、ネタが揃わないと書けませんね^-^;

で、今回はNS-1のプラグ交換です。
01.jpg 

中古購入から半年ぐらいしてから、エンジンの高回転側がブボボボボっつー感じで回らなくなりました。
で、購入した大福オートさんに持って行ったら、マフラーではないか、とのこと。キャブセッティングも含め、調整頂きました。

・・・が、引取りに行ったら全然直ってない[むかっ(怒り)]

どうも、エンジンの温まり具合で症状が違うらしいんですね。

なんやかんややり取り後、マフラー交換を勧められ、中古品を¥25,000+現品下取りで付けて頂きました。

・・・でも治らないT_T
治らないのにマフラー交換は無いよなぁ、と思い、以前のマフラー返却を申し出た所、もう売っぱらったって・・・・orz
ひどすぎる・・・ 治らない修理にいらん出費させられた・・・・orz

いろいろお話の結果、純正マフラーならマージンがあるので大丈夫だろう、という事で純正マフラーに交換されてしまいました。

・・・・・でも、1~2ヶ月後、やはり再発するわけですorz

普通に考えて、マフラー交換で治らないなら排気系じゃないよなぁ、という事で点火系を疑う事にしました。さすがに大福オートさんはもうあてにならないので、自分で交換。

というわけで、プラグ交換です。ちなみに、プラグがダメな場合はインジェクションコイル、それでもダメならCDI交換、、、、でしょうかね。正直全く詳しくないのだがw なんとかやってみた。

■NS-1のプラグ交換方法

とりあえず、プラグとプラグレンチだけあればOK。普通のレンチでも使えるかもしれませんが、かなり固いですからね。

NS-1用のプラグは、BR8ESというサイズ。レンチは21mmサイズでOK。
合わせて800円もしなかったかな。

NS-1はタンクが偽物(笑)で、メットインになっています。
02.jpg
この中の蓋をあけると、エンジンとバッテリーが出てきます。 プラスドライバーでOK。
03.jpg
手前がバッテリー、奥の赤いキャップがプラグコード。
このプラグコード、上にひっぱれば抜けます。
04.jpg 
はい、出てきました、プラグ。これに、プラグレンチを差し込んで、
05.jpg
まわす。
結構硬いので注意です。
06.jpg
というわけで、古いプラグはこんな感じでした。

後は、逆の手順で入れればおしまい。
しかし、プラグコードがなんかカチッとはまらない。不安になりつつエンジンをかけると・・・かかった!![ひらめき]

さて、試運転。


・・・・・調子いい♪ うそのようにまわっております。やはり点火系だったのかなぁ?
しばらく様子を見る事にします。

しかし、やはりこの手のバイクはちゃんとメンテしないとダメですね^-^;


タグ:NS-1
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。